早稲田大学韓国学研究所 WIKS | 第2回定例研究会(岡村教授退職記念)
259
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-259,,vertical_menu_enabled,qode-title-hidden,qode_grid_1300,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-10.1.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

About This Project

早稲田大学副専攻「コリア研究」の科目「在日コリアンから学ぶ」を長年担当された
岡村遼司先生の退職を記念し、シンポジウム「在日コリアンから学ぶ」を開催しました

2014. 2. 27. (木) 14:00 ~ 16:30

小野記念講堂

プログラム

14:00~15:00

岡村遼司(早稲田大学教育総合科学学術院教授):「講座をふりかえって」
野見山花菜(政治経済学部1年・本科目受講生)、新井理恵子(文化構想学部3年・本科目受講生):「’在日コリアンから学ぶ’を受講して」

パネル・ディスカッション

川田文子(ジャーナリスト)
姜誠(ジャーナリスト)
金光敏(コリアNGOセンター事務局長)

司会:李成市(早稲田大学文学学術院長、韓国学研究所幹事)

講師紹介

岡村遼司(おかむら・りょうじ)

1944年生まれ。早稲田大学教育総合化科学学術院教授。専攻は教育学。教育原理・教育社会学等の講義を担当。主な著作に『道徳教育への遡行』(萌文書林、1990)、『学校のユートピア』(成文堂、1991)、『柳田国男の明治時代』(明石書店、1998)、『人並みという幻想一教育を考える』(駒草書店、2006)、『子どもと歩く子どもと生きる一教育を考える平野婦美子と近藤益雄』(駒草書店、2007)等がある。

Date
Category
セミナー, その他