早稲田大学韓国学研究所(臨時ページ)

予定されたイベントはありません。ページ作成のため臨時ページを表示しています。

早稲田大学韓国学研究所

研究所の目的

本研究所は日韓関係形成に寄与しうる韓国学研究と教育の振興目的としています

早稲田大学韓国学研究所(Institute of Korean Studies, Waseda University : WIKS)は、2013年10月1日に早稲田大学内の韓国学研究に従事する教員によって開設されました。転換期を迎えた日本社会において、新たな現実をふまえた韓国認識、日韓関係形成に寄与しうる韓国学研究と教育の振興目的としています。そのために、次のような3点の特色ある新たな研究の構築をめざしています。

まず、第一に、地域研究(area studies)から広域研究(region studies)への転換を志向する韓国学研究の開拓です。

日本国内の韓国学研究の状況は地域研究自体が転換期をむかえており、言語的特殊性に保護されてきた伝統的地域研究の領域が相対的に縮小されるにともない、一方で研究対象を拡大し、地域化、地域統合の現象の中から把握しようとする傾向が台頭しています。それゆえ韓国学研究の地平を東アジア地域形成という現状と課題に基づいて拡大する必要があります。実際に、韓国でもグローバル化、地域化形成が進行している現状を反映し、このような新たな現実に対する理論的、学問的な究明が必要とされています。また、こうした学問的、理論的な究明は類似の課題をもつ日本にも有益であると共に現在、日本における朝鮮半島認識の流動化、狭小化する傾向に対して視野を広げることは必修であります。さらに広域研究的アプローチは朝鮮半島統一過程および統一以後という視角からの研究の要請があり、朝鮮半島南北の統合を志向する研究にも貢献することになるでしょう。

第二に、現代韓国の多様なコンテンツを通した現在的、統合的なアプローチの構築です。

現今の日本の二つの状況から、こうしたアプローチの研究教育が緊要であると考えています。その一つは、日本およびアジアで高まっている現代韓国に対する幅広い関心です。従来の政治、歴史などの側面に対する関心から、経済、社会、文化などへと多様化しており、またその反面、歴史と領土など特定の争点に極限化した対立的視角も拡散する傾向にあります。もう一つは、日本社会の全般的世代変化の結果として没歴史的観点に立脚した狭小な対立認識を克服する必要です。これらの二つの現状に鑑みて、現代韓国に対する幅広い視角と理解を提供することで、こうした視野狭窄の克服に寄与しうるような学部および大学院レベルの教育課程およびそのコンテンツを開発することを目指しています。

第三に、日本社会に対する発信力に重点を置いた政策研究の構築です。

これを実現するためには、社会的な発信力を大きな特徴としてきた早稲田大学の伝統的な資産に基づくプログラムの開発や、メディア関係者および政策実務者を包含する政策専門家のネットワークの形成、さらには、これと関係する政策専門家を養成するプログラムを開拓することを目指しています。

所長メッセージ

早稲田大学韓国学研究所のホームページにお越しいただきありがとうございます

2013年10月に開設されました本研究所は早稲田大学で朝鮮半島の研究に携わる教員による研究所ですが、同年11月、韓国の国立韓国学中央研究院により、「海外韓国学中核大学」に選定されました。アジア研究の歴史と伝統を誇る早稲田大学の蓄積を土台として、「中核大学」の名称に相応しい研究機関に成長できるよう精進し、早稲田大学ひいては日本における韓国学研究・教育の振興に資する活動を目指していく所存です。変動著しい東アジア情勢において、望ましい未来志向の日韓関係のためにも、新しい地域研究としての韓国学研究・教育の土台を築き、そのあり方を模索することは重要な課題であると思っております。そのために、今後の研究・教育活動において、とりわけ次の3つの点に力を入れたいと考えております。

第一に、従来の一国単位を重視する地域研究(area studies)を越え、
より広く東アジアの地域形成の視点に基づいた「広域研究(region studies)」への発展を積極的に図ること、

第二に、人文学や社会科学など多様な学問分野の共同作業を進め、
学祭的かつ総合的な韓国学研究・教育の新しいアプローチを追求すること、

第三に、学術研究、教育(学部および大学院)、政策研究の間の有機的な連携に努め、幅広い視野を持つ人材の育成、日韓関係の発展に資する社会的発信をめざすこと、です。

昨今、日韓関係をはじめとする東アジアの情勢は構造的変容期を迎え、流動性が高まっています。こういう時にこそ、「知のインフラ」としての大学・研究機関が果たさねばならない役割は大きいと確信するものです。今後とも早稲田大学韓国学研究所の活動にご支援とご協力のほど、衷心よりお願い申し上げます。

早稲田大学韓国学研究所長・アジア太平洋研究科教授 李 鍾元

所員・スタッフ

研究所長

李 鍾元・早稲田大学アジア太平洋研究科教授

 

 

幹事

李 成市・早稲田大学文学学術院教授、元学術院長

 

  

所員

布袋 敏博・早稲田大学国際教養学部教授

朴 相俊・早稲田大学国際教養学部教授

 

 

所員/事務局長

李 愛俐娥・常任研究員、客員教授

 

 

招聘研究員

浅羽 祐樹・新潟県立大学政策研究センター准教授

君島 和彦・東京学芸大学名誉教授

金 ゼンマ・明治大学国際日本学部専任講師

権 容奭・一橋大学法学部准教授

清水 敏行・札幌学院大学法学部教授

春木 育美・東洋英和女学院大学国際社会学部准教授

松谷 基和・東北大学経済学部准教授

三ツ井 崇・東京大学総合文化研究科准教授

 

 

顧問

奥島 孝康・白鴎大学学長、元早稲田大学総長

お問い合わせ

韓国学研究所は常にオープンされています

早稲田大学韓国学研究所の活動やイベントなどについて
ご意見またはご質問がありましたら気軽くお問い合わせください.

*すべての項目は必修入力です。

〒169-0051
東京都新宿区西早稲田1-21-1西早稲田ビル(19号館)
早稲田大学韓国学研究所

Institute of Korean Studies, Waseda University,
Nishiwaseda Bldg., 1-21-1 Nishiwaseda,
Shinjuku-ku, Tokyo 169-0051, Japan

ここは早稲田大学総合研究機構との連絡事務局であり、
研究室は研究者によって異なりますので予めご了承ください。

事務局業務時間: 平日 10:00〜17:00